前回の続き。。

痛感物語の読者「WENさん」とのミニオフ会が終了。

食事の終盤は利用させて頂いたレストランで働く
ホールタイ人スタッフとなる女のコ「18号」との
ちょいエ〇タイ語トークが盛り上がり過ぎてしまい
WENさんを少し置き去りにしてしまったが
俺のそんな光景を見て楽しんでいてくれたようだ。

そして2次会に行くことに。

歩きながらさっきの店と18号の話題になった。


俺 「メシ、美味かったですねぇ」

W 「飲み放題も良いですよね!」

俺 「店員さんも愛想よかったしグッドです」

W 「さっきの18号、本当に行くんですか?」

俺 「ん~、来週あたり行ってみます(笑)」

W 「さすが、行動が早いですね(笑)」

俺 「マッサージはメインで通ってる所が無いから
   ちょうど良いかもしれません」

W 「あの美〇を生で見れるなんて良いなぁ(笑)」

俺 「へへ。。オラ、ワクワクすっぞ(笑)」

W 「結果、また聞かせて下さいね」

俺 「もちろんですよ」
  「あ、しまった!ライン交換してないや」

W 「マッサージ店の場所は知ってるんですよね?」

俺 「でも2ヶ所あるんですよね。。」
  「ま、いっか(笑)※悟空の物マネ」

W 「(笑)こんな感じの出会いもあるんですね」
  「私も遊びの視野を広げていかないと」

俺 「あっ、遠慮なく18号ちゃんのマッサージに
   行ってあげて下さいねっ(汗)」

W 「いやぁ、遠慮しときます(笑)」
  「俺さんのレポを待ちます」

俺 「あんまりタイプじゃなかったですか?」

W 「いえいえ、可愛いと思います」
  「私はマッサージは行きつけがあるんですよ」

俺 「あ、言ってましたね」
  「ちなみにそこもSPありですか?」

W 「いえ、本来は無いですが常連になると
   向こうから誘ってくれますから(笑)」

俺 「そっちのほうが興奮しますね(笑)」

W 「パタヤカン(中央パタヤ)のマッサージに
   よく行くところが何軒かあります」

俺 「またシブいところで遊んでますねえ(笑)」

W 「だから今夜は他のジャンルを知りたいです」


なるほど。。

確かパタヤではそんなに遊んでないまま
シラチャに引っ越す予定だ、と言ってたな。。

ここは俺の出番かもしれない。

パタヤでの楽しい思い出を作ってあげないと!

いや。。

いつも完全シングル体制で遊んでいる俺は
今夜の様に2人で行動することによって
むしろ思い出を貰ってる側なのかもしれない。

行先きやタイミングに気を遣うこともあるが
やはり複数人での散策は楽しい。

よっしゃ!バッチこーい!!


到着したのはバービア密集地帯『ツリータウン』


この中でも何処に行くか?誰と出会うか?
もちろん店の予約なんかもしていない。

勝手に足がここに向かって歩いて来た(笑)

だがそれで良い。

パタヤには無限の可能性がある。


ツリータウンのバービアの灯りは何処までも遠く怪しく輝いていた


当時のこじんまりとしたツリータウンも好き。
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺