前回の続き。。

タイに遊びに。。いや、出張で来た「M先輩」

俺は滅多に無い機会と考え、直ぐホテルを予約して
パタヤからバンコクまでクルマを飛ばし
『日本街 (NIHON MACHI)』の居酒屋で
深夜まで思い出話に花を咲かせた。

閉店になってからも駐車場で話し込んでしまい
このままでは朝になってしまうと判断し
M先輩とのミニ同窓会はお開きにすることに。
※M先輩。。以下、M


M 「今日は楽しかったよ。ありがとね」

俺 「いやー、俺も最高に楽しかったです」
  「やっぱ共通の思い出って良いモンですね」

M 「俺ちゃんは泊まりで来てるんだよね?」

俺 「当たり前じゃないですかー(笑)」
  「もう朝ですよ(笑)」

M 「じゃ、ゴメン。。明日(今日)だけど
   もう1日付き合ってくれないかな?」

俺 「もちろんそのつもりで来ています(笑)」

M 「タイに来ている間はある意味独身だから。。
   このチャンスを活かしたいんだ(笑)」

俺 「日本ではあまり遊んでないんですね?(笑)」

M 「タイ人嫁が行かしてくれる訳ないじゃん(笑)」
  「久しぶりにバービア行きたいんだ!」

俺 「やっぱり好きですねぇ(笑)」

M 「昔一緒に行ったアソークのところ行こうよ?」

俺 「あ。。あそこは無くなりましたよ」

M 「えぇ?あんなにデカいバービア群が?」

俺 「今はでっかいビルが建ってます(苦笑)」

M 「ホントかよ。。残念」

俺 「地下鉄が出来たのは知ってますよね?」

M 「そういう健全な情報は大体だけど
   嫁(ネーン)に聞いて知ってるよ」

俺 「路線も延長されまくって便利ですけど、逆に
   良い感じの屋台街とか無くなって。。」

M 「それ、勿体ない気がするなぁ」

俺 「屋台=タイランドってイメージありますよね」

M 「確かに10年前よりビルも増えてるよな」

俺 「BTSプロンポン駅のデパート知ってます?」

M 「『エンポリアム』でしょ?」

俺 「ふふ。。正解ですが今はもっとデカい
   『エムクオーティエ』が出来てます」

M 「アレよりデカいってどんだけ~(笑)」

俺 「でしょう(笑)」
  「川向こうに『アイコンサイアム』って言う
   もっとデカいデパートも出来るみたいです」

M 「バンコクの発展すげえな(笑)」


※更に2024年はプロンポンに『エムスフィア』完成


俺が8年間タイで駐在してから本帰国した時、
日本側で色々驚いたり感心したこともあった。

更にたったその4年後にタイに戻ってきた時も
バンコクの発展具合に驚いたのだから
10年以上タイに来ていないM先輩からすると
その衝撃は計り知れないものだろう。

逆・浦島太郎。。そんな言葉がピッタリだ。


俺 (あ!良い事思いついた!)


さて、俺の想い付いた妙案とは?
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺


ちなみに。。旧ブログではこんな〆でした

日本に居られるタイ好きの皆さんもこのコロナ禍で
ほとんどの方が1年以上タイランドに行くことができず
現地の空気に触れられていない状況だと思います。

しかし今を耐え抜けば、ある意味またひと味違った
’’新しいタイランド’’ を体験できると思いますので
もう少しだけ我慢をお願いします。

開国は近いぜよ!