GC探索物語が盛り上がって来たところだが。。

この頃、俺にとって忘れられない出来事があり
先に紹介しておこうと思う。

今からする話は旧・痛感物語では未紹介。

以前紹介した「Sさん」「Wさん」等と同じく
リアル現在過ぎて避けていた内容だから。


皆様は覚えていてくれてるだろうか?


俺が最初にタイ現地採用となった韓国企業の
タイ人スタッフの中でトップ級の2名。

悪名高き豚兄弟「ピー・ムー」と「ムー・レック」

※参照ポチ↓ 裏社会


今回俺が就職した会社で外周りをしていたとき
顧客から「最近出来た会社の調子が良いと」聞いた。

更に聞くと「元〇〇のタイ人スタッフが中心となり
品質面なんかでも評判が良い会社」とのこと。
※〇〇は在籍していた会社名

俺はピンッと来て、その方に連絡先を教えて貰い
直ぐに兄豚であろうと思われる方に連絡を取った。


ピー・ムー。。。以下、兄豚
ムー・レック。。以下、子豚


俺 「ハロォ?久しぶり~。俺だけど」

兄豚「あー、どうもお久しぶりです」

俺 「聞いたけど会社作ったみたいじゃん」
  「まだ若いのに凄いね~」

兄豚「そんなことないですよ 555」

俺 「どうかな?一度会社に訪問して良い?」

兄豚「どうぞどうぞ。子豚も居ますから」


後日会社訪問。

挨拶は名刺交換から始まった。


兄豚「どうも。社長のムーです」

俺 「お、ええ?社長さんなの?」

兄豚「一応ですが、そうです 555」
  「私達が作った会社ですから」

子豚「私は副社長になりました 555」

俺 「2人とも凄いね。ちょっと尊敬するよ」


しかもめちゃくちゃ立派な工場だった。

タイ国内に数カ所ある ’’フリーゾーン’’ と呼ばれる
製品を国外出荷する場合に無税になるエリアで
「Sさん」の在籍する日系企業の新工場よりも
大きな規模だったことにびっくりした。

彼らは俺と「BIG」が達成できなかった
自社工場でバリバリでがんばっているようだ。


兄豚「どうですか?俺サンも一緒にやりません?」

俺 「いやぁ、最近転職したばっかりで(笑)」

子豚「BIGとは関係なくなったんですよね?」

俺 「そう、半年前くらいに辞めたんだ」

子豚「噂で聞きましたけど顧客を接待漬けにして
   仕事を確保しいたらしいですね 555」

俺 「それだいぶ湾曲されてるな(笑)」
  「まぁ、大体あってるけど(笑)」

豚兄「でもタイ人同士のビジネスは
   賄賂も大切ですけどね 555」

俺 「キミ達に言われたくないよ(笑)」


そう。。
この2人は韓国企業を利用して大きな袖の下や
夜間に闇営業で不正行為を行い利益を得たり
更にはタイ人スタッフに色々と吹き込み
ストライキを先導したことでクビになっている。

※参照ポチ↓ 俺の退職のキッカケにも


この発言からすると今も変わっていないのであろう。

しかし今は前と違って自分たちの会社。

何をやろうが少々は問題ないはずだ。


俺 「会社の経営って大変でしょう?」

兄豚「最初は苦労しましたね」

子豚「実は今の工場に移る前は小さな貸工場で
   やってたんですよ」

俺 「あ、そうなんだね」

兄豚「凄く調子が良くて利益も出て
   工場の引っ越しを決意しました」

俺 「でもタイは資金繰りとか簡単なの?」

子豚「確かに大きな利益は出していましたが
   工場設立となると銀行も渋りました」

兄豚「実は。。俺サンだから言いますが。。」


兄豚「この会社のオーナーは〇〇サンなんですよ」


な、何ィィィ!!!次回を待てっ!
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺