前回の続き。。

国際免許証を取得し、次に向かう目的地。。

母校に英文の卒業証明書を貰いに行く。

少し寂しかったのは学校名が変わってたこと。

近くの学校と合併されたからだ。

少子化問題?別の問題?なのか理由はわからないが
これも時代の移り変わり、受け入れようじゃないか。

そしてこの時は知っている先生が居たわけでもなく
校内も全く覚えていなかったので特に感動は無し。

でも男子校だったのが男女共学になっていたのは
羨まし過ぎるぞっ(笑) ※工業高校です

学校には事前に連絡し、準備を頼んでいたから
当日は受け取るのみの簡単作業だ。


次に向かった先はバス会社。

明日の始発の大阪行きのバスチケットを購入。

もちろんもう一度ここに戻るため翌日の帰りの便と
最終日に『関空』に行く便も必要だから計3枚購入。

この辺は2度手間にならないよう抜かりなし!


チケット購入後に大阪のホテルをネット予約。

タイの就労ビザは申請当日には貰えない。

『タイ大阪総領事館』の申請時間は月曜日~金曜日の
午前9時半~午前11時半の間のみ ※タイの祝日注意

さらに最近ではオンラインでの事前予約が必要。

この予約を最初に行いビザ受領計画の基準とする

受領は翌日の午後13時半~15時に同じ場所となる。
※現在は申請と受け取りの間に1日挟むので注意!


次に両親を訪ね、身元保証人の書類にサインを貰う。

「まだ日本に帰ってくるつもりはなさそうやの」
「向かいの〇〇さんは毎週息子が孫を連れてきて
 賑やかにやっとるわい」
「長男なんだから。。」「病院に行くのも。。」

なんて軽く愚痴モードに突入。

俺が数年前にタイ移住を決めた時には
「お前はお前の人生を好きに生きろ」
「こっちのことは気にせず頑張ってみろ」
と言ってくれたのだが時間が経てば変わるものだ。

(すまん。。今の俺にはやるべきことがある!)

ちょっと冷たい対応してしまったな、とも思ったが
とにかく時が過ぎ去るのを待って実家を後にした。

そして先に準備していた書類をコンビニでコピー、
ビザ申請用紙、パスポート原本、職務経歴書、
タイ側の会社の招へい状、登記簿謄本、
身元保証人の身分証明書(マイナンバーか免許証)
雇用契約書、出国日時の分かるエアチケット。。


何て書類の多いことだ。。

厳密に言うと、会社側の直筆サインした者の
身分証明やパスポートコピー
(全てサイン付き)も
必要で何度も必要書類一覧表と照らし合わせ確認。

コンビニのコピー機の中に身元保証の書類を忘れ
取りに戻るトラブルはあったものの全てクリア。

必要書類にモレはなし!

男前に撮れた証明写真も忘れずに!

申請費用は9,000円!


これらと一緒に指定された時間に身体を持って行けば申請OKだ


文字で紹介するだけでも疲れます (-_-)
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺