前回の続き。。

工場見学を終えバンコクに戻る途中に事件発生。

自家用車のパンクと異臭騒ぎ。

その前には「Sさん」と「Wさん」の衝突など
一日中事件ばかりの日だ。

今日のラストは3人での親睦会が予定されていたが
Wさんの体調不良によりキャンセルとなった。


S 「Wさん。。だいぶ顔色悪かったのぉ」

俺 「はい。。ただの腹痛ですかね?」

S 「知らん。仮病じゃなさそうやったな」
  「明日の朝便で帰国なのにいけるんかいな?」

俺 「心配ですね。。」

S 「で、どうする?夜は2人で親睦会する??」
  「会社から金が出るで?ヒヒヒッ」

俺 「いえ、今日はこのまま解散しましょう。。」

S 「お?ワシともっと仲良くなっておいた方が
   得策やと思うけど?(笑)」

俺 (契約解除になるかもしれないのに。。)
  「俺の雇用条件はWさんと大社長に任せます」

S 「ワシも色々つっかかったけどその通りや」
  「最終的に決めるのはトップの2人やからな」

俺 「でもこれ以上に遅い場合は俺は辞退します」

S 「。。。(不敵な表情)」

俺 「でも。。このまま採用が決まることがあれば
   その時に一緒に乾杯して下さいよ」

S 「決まるようならワシらは仲良くしとかんとな」
  「ってことで。。俺さん!」
  「アパートまで乗せて帰ってくれる?ヒヒッ」

俺 「構いませんよ。アソークでしたっけ?」

S 「あ!アカンわ!」
  「こんな助手席に座れるかいな(笑)」
  「ワシのケツにシミが移ったらかなわんで(笑)」
  「ほな、またな!(笑)」


そう言うとSさんはバイタクで行ってしまった。

。。。

幸いにも下痢はシートには到達していない?ようだ。

いや、実際はシートの合皮が黒くて分からないが
角度を変えて見てもシミ跡は見当たらない。

いや。。

シミは付いていない!と思い込むようにしたのだが
過去これほどまでにシートを凝視したことがなく
今まで気にならなかった汚れが気になり始める。。

とくに座席の中心あたりの。。(苦笑)

鼻を近づけて嗅いでみようか。。とも考えたが
万が一を想定し、そのままクリーニング屋を検索。

この時ケータイで調べて初めて知ったのだが
シート専門のクリーニングショップを発見。

グーグルマップを頼りにショップに到着すると
繁盛している様で何台もクルマが停まっていた。

俺のクルマに気付いたタイ人スタッフが寄って来る。


店員「どうしましたか?」

俺 「シートのクリーニングをお願いできますか?」

店員「混んでるから4時間ほど間待つけど良いか?」

俺 「えっ。。4時間は都合が悪いですね。。」

店員「じゃあ今日予約して日曜日に来るか?」


【俺脳内】
まだ日曜日まで3日もあるじゃないか。。
シミは付いていないと思いたい気持ちはあるけど
車内はなんとなく臭う気もするし。。
明日は「BIG」の所に行く予定がある。。
暑い中、エアコンなしで我慢ができるか?
このまま放置したら一生取れない臭いが付いて。。
シート内部でキノコが生える可能性もある!
タイは暖かくて気候が良いし
雨季で湿気も高いからキノコの成長を手助け。。
なんせ最高級の肥料だからな。。(言いたい放題w)


俺 「あの。。助手席だけなんですが。。」

店員「ん?そうなの?なら助手席だけ分解して
   ショップに預けて帰るか?」

俺 「そんなことができるんですか??」

店員「その場合は工賃で+200バーツ貰うけどな」

俺 「全然構いません!よろしくお願いします」

店員「どんな汚れなの?」

俺 「あ、その。。お持ち帰りクイッティアオの
   スープが入ってる袋の輪ゴムがほどけて。。」


謎の気遣い。。

こうして俺のクルマの助手席は
数日間取り外された状態だった(苦笑)

そんなことより。。


Wさん、大丈夫かな。。


とりあえず下痢臭とキノコ育成は回避っ(苦笑)
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺