前回の続き。。

転職予定先に居るもうひとりの現地採用「Sさん」

Sさんに俺の提示した雇用条件を少し説明したら
「絶対にありえない、認められない」と言うため
俺が「社長に直接交渉します」と言えば
それを阻止するような言葉まで返してきた。

俺の大事な将来、人生の掛かった転職。

こうなって来ると信用のならないSさんを間に挟み
社長に連絡や交渉なんかしていられない。

そう。。最終決定権は全て社長にあるのだから
雑魚のSさんなんか相手にしてる暇はない。

俺が直接動いて掴み取れば良いのだ。

社長だからと言って遠慮、直接連絡するのは変だ、
なんて考えてる場合じゃない。

俺は直ぐ行動に移した。

そして次回、社長がタイ出張に来るタイミングで
俺は「2人だけで話がしたい」と約束を取り付け
2度目の『ジャスミン ホテル』での面談を迎えた。


その結果から言うと。。


俺の出した条件を全て承知した上での採用決定。


だが、その ’’補足内容’’ を理解して欲しい、と。


俺はその内容をひとつづつ確認させて頂いた。


【通勤手当】回答:出す
しかしバンコクやパタヤからの距離はNG。
あくまで工場周辺の数キロ圏内を認める。
しばらくして社用車の購入が完了した時から
通勤に使用することも可能。
※部品配達用のピックアップトラック

【賞与】回答:出す
しかし工場が軌道に乗り、黒字になるまでは無し。
※これは当たり前っちゃ当たり前か。。?
※自分の頑張り次第だが黒字になる保証はない

【海外保険】回答:出す
しかしトラブルの全てをカバーできる保険ではなく
完全保証された保険には自分で入る必要がある。

【家賃補助】回答:出す
しかも全額を負担する。
しかしSさんの家(会社近くの一軒家・会社負担)に
一緒に住むようにして欲しい ※社宅スタイル
ここには今後日本からの一般出張者も泊まる予定。
※同居はSさんも拒否すること間違いない
※もちろん俺も

【給与】回答:俺の希望額通り出す
しかしSさんを越えることは絶対に許さないと
念押しされているため8万バーツ以上の足りない分を
コッソリと別の支社から数ヶ月に一度ペースで
まとめて俺の銀行口座に直接送金する予定。
※相当変な話でバレた時は会社を辞める程度では
 済まなさそうだから俺的に受け入れられない


この様な解釈で全ての条件を満たしているため
’’俺を採用することは問題ナシ’’ と考えていた。

「アナタの出した条件は全て守っている」
「是非とも我が社に来て欲しい」と言うのだ。

この言い訳ともとれる補足を考えていたから
今日まで時間が掛かったのではないのか?

確かに嘘では無かったと取れるが、キナ臭い。

なんならSさんがもっとキナ臭い。
※顔はユエン・シャオティエン(まぁこれはヨシ)

後でトラブルになるのは目に見えている。

ここまで引っ張れば
俺が後に引けなくなり
後出しジャンケンに応じる
と、考えていたのだろう。


しかし俺は納得がいかない。

この約4ヶ月。。

時間の無駄だったとしか言いようがない。


俺が大人し過ぎたのも良くなかった。


そう、俺は転職活動をしていると言ったが
社長に内定を貰っているのだから職は確保、
生活費が底を尽きるギリまでダラダラしたい、と
心の奥底で思い、強くプッシュしなかったのだ。

更にSさんが常に言ってた ’’仕事が楽’’ ってのも
ここに来るまでの2社(韓国・日系企業)では
ありえなかったため「少しでも楽して稼ぎたい」と
怠慢してた部分が大きかった ※恥ずかしいっ

Sさんが成り立つ会社なんだから俺なら余裕。

こんな風にも考えていた。

今その全てのシッペ返しを食らった感じ。

良い勉強になった。。

次は絶対に同じ過ちを繰り返さない。


それにしても、Sさん。。

あんな態度なら社長の夜のお付き合い以外
なんの役にも立ちそうにないのだが??

細かくは紹介しないがシンガポールの顧客も
Sさんが「英語ができない」と言うことが理由で
取引がなくなるように策を練ったと聞いている。

社長はSさんに弱みでも握られているのだろうか?

いや、本当に社長がタイに遊びに来るだけのための
ダミー会社的な存在だったのかもしれない。


俺は面談翌日に社長に向けて ’’内定辞退’’ のメールを送った


この結果どうなるっ!?
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺