前回の続き。。

俺の採用面談の後にやって来た『Club 雅』

デレデレの社長と社長のオキニ「スノー(雪)」

「Sさん」も横に付いている女のコと話し込み
良い感じでキャッキャ♡と盛り上がっている。

しかし俺は自分の横に付いている女のコよりも
社長と雪の会話の方が気になり始めていた。

全ては聞き取れないがワードや態度からすると
以下の内容でほぼ間違いない。
※2人の会話はオール日本語です


社長「先週フェイスブックに載ってた男は誰だい?」

雪 「大学の友達だよ?」
  「え~?もしかして妬いてるの?555」

社長「そんなんじゃないけどサァ(笑)」

雪 「えー?妬いて欲しいな♡」

社長「雪はまだまだ子供っぽいなぁ(笑)」

雪 「でも。。大学を辞めるかもしれないわ」

社長「え?なぜ!?」

雪 「お客サンがアナタしか居ないから
   学費が足りなくて。。(涙目)」

社長「それは私に責任があるかもな。。」
  「大体いくら必要なの?」

雪 「今期(半年)だけで7万バーツも掛かるのよ」

社長「え?日本に比べると随分安いな(笑)」
  「私が日本に帰るまでに準備してあげるよ」

雪 「ホント!?嬉しいっ♡」


俺 (ん?)


社長「それからお父さんの病気は大丈夫?」

雪 「大丈夫。。大きな病院で診て貰えたから」

社長「送った2万バーツは全部使った?」

雪 「うん。。足りなかったからワタシも出した」

社長「それで学費が足りなくなったんだな」

雪 「そうなの。。」

社長「その分も出そうか?いくら?領収書はある?」

雪 「タイの田舎の病院にそんなの無いよぉ(涙)」

社長「あぁ、そうかそうかっ(汗)」

雪 「でもアナタが居るから心配ないわ♡」


俺 (んん??)


社長「先週後半は何故LINEの連絡が無かったの?」

雪 「シーサケートの実家に帰ってたからよ」

社長「実家でも電話くらいできるでしょう?」

雪 「お母さんに怒られちゃうよ」

社長「真剣に結婚をえてるんだから、いいだろう?」

雪 「まだ両親に会ったこともないのにダメだよ」

社長「話せなくてもメッセージくらい欲しいなぁ」

雪 「田舎はケータイの電波も悪いから。。」

社長「送信にチャレンジ出来なかったの?」

雪 「大雨が降るとケータイの電源を切らないと
   危ないのよ?知らないの?」

社長「雪は本当に怖がりだなぁ(笑)」

雪 「早くアナタの事をお母さんに紹介したいな♡」

社長「私は治療費とか商売のお金も支援してるし
   ちゃんと説明すれば大丈夫でしょ?」

雪 「じゃあ、今度一緒に田舎に行く?」

社長「確かに御両親にご挨拶にも行かないとな」


俺 (んんん???)


このスノーちゃん、今BOX席に座ってるメンバーが
全員日本語を喋ってるから?初見だから?知らんけど
タイ事情を知らない出張者か観光客だと思って
やりたい放題やってるのかも?!

1~2回会っただけのタイ人と結婚の約束っ!?

あざと過ぎるやろ!

少し前に出会った「福さん」が脳裏によぎるっ。

あの時も俺がうっすらとでも気付いた時点で
「この女のコはやめた方がいい!」と
ハッキリ且つキツく言えなかった心残り。。

それを2度と繰り返ささないようにするため
神様が俺に与えた試練なのかっ!?

しかも福さんの時と違ってリアルタイム出来事。

もっと言うなら目の前の出来事!

更に今回は近い将来、俺の上司になる存在!


俺が全力で止めるしかないッ!!!


短期間で同じ様な2名の日本男児に遭遇していた。
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺