前回の続き。。

ジャカルタ出張中に食中毒となり緊急入院 ~ 退院。

ここまでは誰しも起こりうることだが今回の場合
7日間のビザが切れて不法滞在となってしまった俺。

オーバーステイって言うヤツだ。

空港内のイミグレーション(出入国管理局)で
問題になることが分かっており不安しかないが
何としてもタイランドに戻らなければ。。

ちなみにタイの場合、オーバーステイについては
1日オーバーにつき500バーツと非常に明確で
俺個人も日常会話のタイ語が話せるため
少々のトラブルが発生しても何の問題も無い。

しかし今は外国(海外)

恥ずかしながら俺は英語が出来ないのだ!


そして『ジャカルタ国際空港』イミグレーション。


誰にも頼れないけど行くしかない!

現地でお世話をしてくれた「ルディさん」は
詳しくはこのように言っていた。


「イミグレーションで止められると思いますが
 運が良ければ何もなくそのまま出られるでしょう」

「インドネシアのイミグレーションの人間も
 そんな大した仕事はしておりません(笑)」

「俺サンはとにかく堂々としていて下さい」


ルディさんは俺が気負わないようにするため
励ましてくれてもいたのだ。


最後の最後まで本当にありがとう!!

俺はそれに全てをかけますっ!


そこで俺はイミグレーションのレーンを選ぶとき
中でも一番 ’’人の好さそう、優しそうな方’’
スタンプを押している列を選択し、最後尾に並んだ。

何かとツイていない今回のインドネシア出張。。

最後の最後は気持ちよく出国したいものだ。

少しずつ列が動き出す。


俺の予測は正解だった!


このレーンは間違いなく手抜き審査官っ。

ビザの日付なんかロクに確認していないのであろう。

ただスタンプを押すだけの流れ作業だから
ほかの列より動くのが2倍早い(やった~!)


そしてついに俺の順番が回って来た。


しれーっとした顔でパスポートをテーブルに出す。

審査官はパスポートをめくりながら俺の顔を見たり
一丁前に仕事をしているフリをし始めた。


さぁ、早く!

そのパスポートにハンコを押すんだ!



しかし。。

そんな思いは通じず審査官は俺に話しかけてきた。
※審査官・・以下、審


審 「Excuse me?  Mr.OLE ??」

俺 「イエス」

審 「Passport photo is different person. hahaha~」

俺 「(笑)ベリー オールド フォト」


自分でも分かっていたが今さっき退院したばかりで
髪はボサボサ、ホホは痩せコケ、覇気はゼロ。

今とパスポート写真の顔が違って見えるようだ。

しかしこの感触!

笑顔で会話が成立しているっ!

いける!いけるぞぉ!!

俺の目に狂いは無かった!

この審査官は優しい!!!

ありがとう神様!!!!

俺は無事タイに帰れます!!!!!

これも日ごろの行いのお陰~っ!!!!!

。。。


俺は別室に連れていかれた(苦笑)


もしかしたらパスポートの顔が同じであれば
スルーできたかもしれないのに!!

写真を撮ったのが約10年前になるため若かったのと
更にちょっとキメ顔、それと病み上がりの今の顔。。

いや、そもそもビザが切れているからか。。

そりゃあ疑われるよな。。


俺はインドネシアのイミグレで御用となってしまったのである


インドネシア出張で何度目のピンチだよ?
皆様ポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺