前回の続き。。

前話までにも紹介したように俺の門限は0時。

いや、大人だからテッペンを周っても問題ないのだが
これくらいなら「K美(嫁)」に何も言われないし
次の日、俺自身の身体に何の悪い影響も出ないし
これがちょうどいいストッパーと考え行動していた。

しかしこの頃、タイ生活に大きな変化が発生。

子供の学校の友達内で ’’お泊り会’’ が流行りだした。

「他人の子供をひと晩預かるなんて気を使うなぁ」と
思うこともあるがこのイベントには大きな意味がある。

子供の友達が俺達家族のところに泊まりに来る。。

と言う事は ’’その逆’’ も発生するのだ。

そう、家に子供が居ないときは夜遊びしたって
家庭のことなんか考える必要は全くなし!
(チト大袈裟だがw)


名付けて ’’俺DAYアドバンス!’’


1~2ヶ月に1度くらいだが俺はその日を待った。

何なら ’’そうなるよう’’ に俺から仕向けたりもした。

K美(嫁)も子供が外泊するときは機嫌が良い。

「私は友達とご飯で息抜きしてくる」
「アナタも帰りが遅くなってもいいからね」

ときたもんだ。

俺の在籍するタイ支社で家族帯同者は俺だけだが
タイに進出して来た会社単位で考えると
バンコクには家族帯同者が無限に存在する。

このイベントは各家庭の ’’親の息抜き’’ でもあるのだ。

海外生活でを頑張ってる同じ環境の者同士で
助け合いましょう!って言う感じだろうか。

子供も友達とお泊り出来て嬉しい!

親もゆっくりできる!

こんな素晴らしいイベントなのだ。


工場のタイ人スタッフも同じようなことをやっていた。

お金の余裕と言う息抜きだ。

例えばタイ人同士で10人でチームを作り
給料日に各自が1,000バーツを出し合い
その内のひとりが9人分を受け取る。

これを仲間内で繰り返すと10ヶ月に一度だけ
給料が9,000バーツ増える月が来るから
その月に大きな買い物をしたりできるのだ。

タイ人が苦手な強制貯金とでも言えば良いのか?

あ、全然違いましたね(笑)

でもこれはタイ人あるあるとして知っておくと
あんたタイ通だね、となるかもしれない(笑)


さて、話を戻して。。


冒頭でも紹介したように最近の俺の夜遊びは
0時頃までに帰宅が鉄板パターン。

しかしK美に「遅くなってもいいよ」と言われたら
俺は徹っ底的にそれを守る(笑)

少し前にバンコク中心部から少し外れた場所の
調査を行っていた中で心残りになっていた未開の地。

スティサンのゴーゴー集合地帯が気になっており
今回の俺DAYアドバンス時に繰り出すことにした。

そのエリアは場末のゴーゴーと確認していたため
期待はしていなかったが。。

ところがどっこい!

ローカルカラオケと同じく女のコの粒が揃っている。

すぐにママさんらしき人物が女のコを連れてきて
俺に紹介してくれた。

レディースドリンクは俺がオーダーした酒を
一緒に飲むスタイルでおサイフにも優しい。

そしてローカルカラオケの時にも思ったけど
他のお客さんにタイ人が居るのが新鮮だ(笑)

飯なんかも食っちゃったりして可愛らしい(笑)

俺は切り上げ時間を気にせず盛り上がる。

しかも「遅くなっても良い」と言う言葉を
ありがたく頂戴しているので一歩踏み込み
仲良くなったゴーゴー嬢をペイバー。

一緒に『ラチャダー soi4』のクラブで踊った後で
そのゴーゴー嬢の部屋に行くことになった。

時間は午前1時。。余裕、余裕(ニヤリ)


しかし、俺は余りにも気が緩みすぎて大失敗を犯す。。


Hの後にゴゴ譲と一緒に眠ってしまう痛恨のミス!!


しかし時間を意識していたのかハッと目が覚めた。

慌ててケータイを見ると。。

なんと朝の5時!!


「うげぇっ(汗) やっちまったぁ!!」


なんとビックリ毎日更新 
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺