前回の続き。。

SNS ’’mixi’’ で知り合った俳優の卵「ケンジ」

バンコクに遊びに行くからアテンドして下さいと
依頼を受け、実際会うことができた。

そして彼から唯一頼まれていた『ナナプラザ』訪問。

俺もナナプラが大好きだ!と言う事は伝えていたため
ケンジは「今回の旅行で一番の楽しみです!」と
熱いメッセージを交換しながら迎えた決戦の日!

ナナプラザは「Mさん」と常々来ているため
熟知していると自負している。


いつものようにナナプラザの入り口に到着。


俺  「ケンジさん!憧れのナナプラですよ(笑)」

ケンジ「うぉぉぉっ!」
   「これは絶景ですね!!」


やはりナナプラ初見はプチ芸能人でも感動している。

何度も言うが俺はこの角度からナナプラザ初見で
驚いたり感動している方を見るのが好きだ(笑)

参照ポチ↓ 後輩「T」の場合


俺  「さぁ、入りますよ!(笑)」

ケンジ「ついに、ついに来ました(笑)」

俺  「ケンジさん男前だからモテますよ~(笑)」

ケンジ「いやー、ここはやはりお金でしょう?」

俺  「でも若いとか男前は付加価値が付きます」

ケンジ「でも僕なんて色白でナヨナヨしてるから。。」

俺  「ふふっ。。肌は白い方がモテるんですよ」

ケンジ「え!日本とは逆なんですね!」

俺  「ま、お金があれば更にモテますけどね(笑)」


手始めに1階エリアをグルっと周りながら軽く解説。

最後に紹介するのは『レインボー4』だと決めており
俺の残り時間のことも考え早歩きでザっと見て貰った。
※ひとりでも相手が誰であろうと俺は0時帰宅を厳守(涙)

そして2階のレインボー4に到着。

ザ・安牌! ここは間違いが無い。

ナナプラザ内ではゴゴ嬢の在籍数もダントツだから
「タイプのコが居ないから誰も席に呼べない」なんて
大事な接待が失敗することも絶対に無いだろうし
レインボーグループは日本人内でも超有名だから
友達から「レインボー系に行ってないの?」と
帰国後の土産話で攻められることも無いだろう。

だがしかし。。


入り口に到着し、カーテンを開けて入ろうとした時
ケンジに後ろからグッと肩をつかまれ止められた。


ケンジ「俺さん、ちょっと待って(汗)」

俺  「?」


俺は一旦入るのを止めレインボー前の喫煙コーナーで
入店を呼び止めた理由をケンジに聞いてみた。


俺  「どうしました?緊張します?(笑)」

ケンジ「いやね。。」
   「他にもたくさんゴーゴーバーが有るみたいで
    色々と見て周りたいな。。と」

俺  「あ!確かにそうですね(苦笑)」
   「このレインボーグループが有名ですけど
    2階3階を先に回りましょう」

ケンジ「すいませんね、なんか」

俺  「いえ、こちらこそみみません
   「俺もケンジさんと仲良くなりすぎて
    観光で来てるってことを忘れてました(笑)」

ケンジ「それじゃ、お願いしまーす」


理由はともあれ確かにちょっと慌て過ぎました(汗)


なんとビックリ毎日更新 
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺