前回の続き。。

屋台で偶然出会ったベトナム人の「タイさん」

彼との話の流れで「KTVを紹介しましょうか?」と
なったのだが俺はその意味が全く分からなかった。


俺 「すみません。。」
  「KTV って何ですか?」

タイ「ホントウ? シラナイ?」


タイさんはあまり慣れない日本語で
俺に一生懸命説明をしてくれた。

わかったのはベトナムガールの居るカラオケクラブで
バンコクと同じシステムのように女のコが気に入れば
店外デートも可能だ、と言ってるように理解した。


もちろんかなり興味はあるのだが不安もある。。

そんなことを考えているとはいざ知らず
タイさんは少し強引に?誘って来た。


タイ「アンナイ スル。イマ イキマショウ」

俺 「でもそれって。。危なくないですか?」

タイ「ダイジョウブ」
  「ワタシ ハタラク ホテル ノ ナカ アル」

俺 「あ、そうなんですか」

タイ「オレサン イイヒト、ダカラ アンナイ シマス」


今思えばこんな見ず知らずの土地ハノイで
会ったばかりの人に付いていくって絶対おかしいけど
この時の場の雰囲気や状況からすると
それは極々自然の流れの様な感じに受け取れ
俺はタイさんを信じて付いていってしまう。


『フォーチュナ・ホテル』


そこは俺の泊まっているホテルのロビーとは
比べ物にならない豪華さだった。

タイさんは俺に「ココデ マッテテ」と言うと
直ぐレセプションに行き何やら話し込んでいる。


数分後にタイさんが笑顔で戻ってきた。


タイさんに「アソコ カラ ハイリマス」と
指を差されたので俺がそちらの方に振り向くと
タイさんは俺の背中をポンっと押した。


タイ「ビール ゴチソウサマデシタ」


俺は「一緒に行くんじゃないの??」と言ったけど
タイさんは少し笑いを浮かべたまま首を横に振り
俺の手をギュッと握り硬い握手だけ交わすと
そのまま「Good luck」とだけ言い残し去っていった。

。。。

(こ、こう言う展開か。。)

ここからタイさんが居ない不安もあったけど
俺は言われた方向にある大扉に向かて歩いて行く。

(こんな豪華なホテルなんだから
 危ないことはない?だろう。。)

(最悪、クレジットカードは持ってる。。)

(これも勉強だ。。)

こんな感じで「行く」と言った気持ちだけが
ドンドン膨らみ俺を後押しする。

まぁここで全然引き返すことも全然できたのだが
何かが俺の身体を吸い込むような感覚で戻れない。


俺はあの扉の向こうを確認しなければならないっ。


大扉の前まで行くと男性スタッフが扉を開けてくれ
「ドウゾ。コチラデス」と丁寧な対応をしてくれた。


言われるがまま入ると部屋の中はかなり暗め。。

カラオケのテレビモニターの明かりで
うっすら店内が見える程度。


(やっぱりヤバいか??


その直後だ。。

バンコクで聞き慣れた声が聞こえてきた。


綺麗なベトナム人女性「いらっさいませぇぇ~~ ♪」


なんとビックリ毎日更新 
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺