前回の続き。。

社員旅行@カンチャナブリーの夜。

会社の行事がひと通り終わり各自部屋に戻ったあと
新しくタイに赴任して来た大先輩「Mさん」から
「外で飲み直そう」と提案があった。

しかしカンチャナブリーは初めて来たし土地勘ゼロ。

そこでホテルのボーイから情報を聞き出すことに。


俺  「この辺で飲めるところありますか?」

ボーイ「この辺りはないですねぇ」

俺  (まぁそうだよね。。山だし。。)

ボーイ「でも街まで出ればありますよ」
   「送迎タクシー利用しますか?」

俺  「ここから遠いんですか?」

ボーイ「30分くらいですね」


30分は遠い。。しかもあまり乗り気じゃない。。

ここはMさんには申し訳ないが「飲む場所は無い」と
言うことにして諦めて貰おうと思ったのだが
「タクシー」と言う単語をデビルイヤーで聞かれた。


Mさん「お!タクシーで行けるんか!」
   「呼んでもらおうや!」

俺  「あ、でも1時間くらい掛かるって。。」

Mさん「ええやん!行こうや!」


【俺脳内】
グヌヌッ。。30分を1時間に盛ったのに行くだと?
もう0時回ってるんだぞ。。ん~。でもまぁ良いか。。
Mさん一緒に飲んでて楽しいし、話も面白い。
ここで一気に仲良くなっておけば
これからの仕事もスムーズに行くはず。
俺も時間を気にせずこんな自由に行動できるのは
「K美(嫁)」が一時帰国した時くらいだもんな。


俺  「じゃあ手配しますか!」

Mさん「アイアイサーッ!(笑)」


こうして俺達はボーイに送迎タクシーを頼んだうえ
行先を説明してもらい市街地に行くことになった。

帰りも電話をすれば降ろしたところまで迎えに行くと。


ブーーーーーー・・ン


到着したのは市街地とは言いにくいサビれた街。

車内からそれらしきバーはポツポツと見えた。

降りて直ぐに徘徊を開始したのだが。。

多少発展していても飲み屋は見つからない。

いや、あるっちゃあるがレストランみたいな感じか
オープンスペースの普通のバーみたいな所のみ。

Mさんはバンコクと同じようにカラオケやMPが
あると思っていたらしく拍子抜けしている。

俺達が歩き続けているためバイタク兄ちゃんに
何度も何度も「ホテル何処だ?乗れ乗れ」と
言われるのを軽く無視しながら歩き続けた。。

そんな街を徘徊して約30分。。


Mさん「こりゃアカン」

俺  「ですよね。。(汗)」

Mさん「張り切って下山して来たのに」

俺  「折角だからさっきのバーみたいなとこで
    一杯だけやりますか?」

Mさん「ん~、なんか違うんだよなぁ」
   「今日は気分良いからヤリたいんよ(笑)」

俺  「もっと他に場所があるんですかね?」

Mさん「この辺の若い衆はXXXしないのか?(笑)」

俺  「そりゃあするでしょうね(笑)」

Mさん「そや!俺ちゃん!」
   「さっき居たバイタクの兄ちゃんに
    タイ語で聞いてみて?」


Mさんはどうしても赤線区域行きたいようだ。。

俺はさっきまではウザイと思っていた
バイタク兄ちゃんを呼び止めて
一か八か聞いてみることにした。

すると。。


あ~、オンナか。連れて行ってやろうか?(ニヤリ)


なんとビックリ毎日更新 
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺