前回の続き。。

大好きだった「I先輩」が完全帰国した。

ちょっと変わった先輩だったとはいえ
タイでの仕事に大きな穴が開いたのは間違いない。

会社の対策としてI先輩の代わりに「Mさん」を
新駐在員として送り込んできた。

I先輩の帰国は本当に突然の決定事項だったから
タイ側ではMさんと引継ぎ業務は一切できず
日本の本社で会話のみによる状況把握だけで
駐在員見切り発車をしたかたち。

このMさん、御歳48歳のでぇベテランだ。
(野z。。いや、アイデンティティ田島風)

※「M先輩」と「Mさん」でMが被りますが
  リアル伝記なのでお許しをば m(_ _)m

立場的には課長から一歩昇進するくらいの人物で
風貌は軽いパンチパーマと、愛車がシーマとなり
本社では怖いイメージがあったがそうでもなかった。

でもこれはタイと言う地がそうさせてくれたのか?

決して偉そうではなく、俺達後輩の面倒見も良い上
ひと皮剥くと面白く、且つスケベなおじさんだった。

しかも昔から大酒飲みで女のコも大好きだから
バンコクの夜の繁華街も超~大好きになる。

けど仕事では締めるところはビシッと締めあげ
厳しく会社のタイ人スタッフの指導もできる
とても頼もしい人だと言う事は直ぐにわかった。

もちろん一瞬でバンコク生活に馴染んでしまった。

タイ語も2年以上タイ生活をしたI先輩のレベルを
わずか半年ほどで追い抜いてしまうほど上達し
「スケベ心はとんでもないパワーを生む」ことを
改めて考えさせられる。

更にMさんは俺達にはあまり流れて来ることのない
会社の上層部の情報や噂話、ゴシップも知っているし
しかもどの話も面白可笑しく話してくれるので
タイ駐在員に溶け込むのにも時間はかからなかった。

いわば上層部やお客さんと俺らの潤滑剤の役目。

’’ムードメーカー’’ と言う表現がピッタリ。

俺はこのMさんとこれからメチャクチャ仲良くなり
バンコクで夜遊びを一緒にすることになっていくとは
この時点では思ってもいなかった。

そしてMさんが最初の選抜時に居なかった理由は
あまりにも ’’駐在条件が酷かったから’’ と言う。

※参照ポチ↓


俺達の周りでは誰ひとりとしてタイランドのことを
知らなかったのだがMさんだけは違っていたのだ。

過去の出張で数回バンコクを体験しており
密かにタイのことが大好きだったらしい。

しかしそこでしてきた夜遊びの内容が過激すぎて
周りに話すと羨ましがられるのが目に見えており
黙っていたのだと言う。

しかもその夜遊びには莫大なマネーが必要なことも。

そこで俺達の様子を見ながら何かしら改善されるのは
間違いないと判断し、第二陣で駐在を企んでいた、と。

脳あるタカは爪を隠していたのだ。


話は反れるが「海外で仕事をするって良いなぁ」と
思うことが度々ある。

そのひとつは日本で仕事をしているときよりも
違う業種の方や上層部の方と出会う機会が格段に多く
同じ海外在住の日本人と言う事だけで仲良くなり
時にはその出会いがキッカケとなり仕事を越えて
プライベートな付き合いにまで進展すること。

この状況は後の物語内でも何度もでてくるであろう。


これは未だにタイで仕事をするのが好きな理由のひとつだ


なんとビックリ毎日更新 
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺