前回の続き。。

前回丸々1話を使って紹介した「I先輩」

そんな中で衝撃のエピソード(事件)を紹介しタイ。


発端はI先輩が電撃帰任となる1年ほど前に遡る。


簡単に言うとI先輩はスクンビット soi33にある
『ラッキー』と言うバーの女のコに惚れてしまい
そのコにお店を辞めてもらう(水揚げ)話をつけた。
※以下、女のコを「ラッキー嬢」とする

たしか ’’月1万バーツ契約’’ と言ってたと記憶している。

この金額は当時でも少ない方での破格。

しかしそれをすんなり?受け入れたと言うことは
ラッキー嬢もI先輩に気があったのは間違いない。

I先輩はかなり若いときに勢いで結婚したらしく
「ワイは恋愛としては実質的に嫁さんしか知らんから
 今タイラインドで青春時代を取り戻しているんや」
と、口癖のように言う。

実際よく一緒に夜遊びしたものだ。

タイ若!痛感物語でも沢山紹介させて頂いた。

俺は単身赴任期間が終わり、皆と一緒のアパートから
引越ししてしまったため触りだけしか知らなかったが
ずっと同じアパートで住む「M先輩」が言うには
月の2/3以上はラッキー嬢と一緒に生活していたよう。

近所の日本食品を取り扱う『フジスーパー2号店』にて
ラッキー嬢が我が物顔で買い物している姿、
時にはI先輩と一緒に手を繋いで出掛ける姿を
数え切れないほど見掛けるらしい。

I先輩自らが言うように遠い異国の地で青春を謳歌。


そんなI先輩が4月のソンクラン(タイの旧正月)に
年1度の一時帰国権利を使用して帰ることになった。

ここで前話に書いた ’’表向きは任期全う’’ だが
’’内実は大違い’’ となる事件が発生してしまう。。


それでは、I先輩の鉄板ネタを紹介します m(_ _)m


一時帰国後、実家で奥様と一緒に眠っていると
夜中2時頃に家の固定電話が鳴った。

ピロロロロ・・・ピロロロロ・・・

奥様がリビングで ’’電話に出ると無言で切られる’’ を
3回繰り返したときにI先輩は起こされた。

そして「お父さん、怖いから次は出て」と頼まれ
「よっしゃ、ワイにまかせとけ!」と意気揚々に
10分後(4回目)に鳴った電話にI先輩が出た。

もちろんまた無言電話だった。

横で心配そうに見守る奥様の姿。

ここでI先輩は得意のまくし立てを炸裂させる。


「ゴルァッ、何回無言電話掛けてくんねん!!」
「このヘンタイ!なんか喋れやっ!ゴルァッ!」


しかし。。


受話器の向こうから聞こえてきたのは
バンコクでは聞き慣れた女性の声だったのだ。。


「Iサーン!! キットゥンマァーーク!!」
(Iさーん!! すごーーく恋しいよー!!)


皆さんも予測はついただろうがラッキー嬢からのラブコールだ


なんとビックリ毎日更新 
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺