前回の続き。。

「A君」の送別会の2次会は『パッポン』

ここを提案した「I先輩」に引率され、通りを往復。

軽い観光と買い物を終えて帰ろうとした時のことだ。

俺達は色の剥げたタトゥーが両腕にビッシリ入った
胡散臭いタイ人?の兄ちゃんに通せんぼされた。
※ポン引き兄ちゃん。。以下、ポン兄


ポン兄「社長!ちょっと!ちょっと!」

I先輩「どけよ、うっとおしいなぁ(イラッ)」

ポン兄「まぁまぁそない言わんと フヒヒッ」
   「観光客はパッポンに来たら、みんな
     ’’SXXショー’’ を見て帰るよ フヒッ」

I先輩「なんやそれ?」


ポン引き兄ちゃんはプラスチックケースに入った
古ぼけたショーの内容イラストを見せてくれた。


I先輩「あー、日本のまな板ショーか。懐かしいな」

ポン兄「直ぐそこの2階。行きましょう。安いよ。」
   「日本人、みんな大好き フヒヒヒッ」

M先輩「安い?どうせ高いんでしょ?」

ポン兄「飲み放題1,000バーツぽっきりやで」
   「一回覗いてみてや。気に入ると思うで?」

I先輩「気に入らんかったらホンマに帰るぞ?」

ポン兄「もちろん。嘘はつきまへん」
   「見るだけタダ~ フヒヒッ」


I先輩はA君の手前もあってかドンドン話を進める。

しかもA君も最後の夜と言うことがあってからか
「ノー〇ンしゃぶしゃぶ」+αの思い出を欲しがってる。

2人の想いは完全に一致。


A君は酒が入るとエンジンが掛かるタイプなのだ



A君 「SXXショー、興味あるんですけど(笑)」

I先輩「だよなぁ!」
   「ワイも面白そうだと思うんだけど皆どう?」

M先輩「いいんじゃないですか?A君の為にも(笑)」

俺  「夜遊びの幅が広いなあバンコクは(笑)」

A君 「それはそうとI先輩。。」
   「この店は行ったことがあるんですか?」

I先輩「ワイはないけど、大丈夫やろ(笑)」
   「1,000バーツぽっきり言ってるし」

M先輩「面白くなくても1,000バーツなら
    損しても全然良いですよね」

俺  「たらふく飲んで元取りましょう(笑)」 
   「SXXショーは期待できそうにないけど
    何かしらエ〇いショーはあるっしょ(笑)」

A君 「こんなお下劣なショーもあるなんて。。」
   「どうなってんですか?この国は(笑)」

M先輩「A君?最初からバンコクに先輩が居て
    色々遊びに行きやすいのは良いことだよ」

I先輩「最初は手探りで飛び込んだよなぁ(笑)」

俺  「色々思い出しますねぇ(笑)」

A君 「僕のためにスミマセン!」
   「先輩方!お願いします(笑)」

I先輩「もう地元には帰れんでぇ~(笑)」


俺達はこんな感じでキャッキャ言いながら兄ちゃんに付いて行った


なんとビックリ毎日更新 
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺