前回の続き。。

「クワーン」と初めて同伴した『クラブ愛』

ここで突然知ったチーママからの情報は正直驚いた。


クワーンは店に罰金を払っている


そう。。

クワーン自ら罰金を払ってまで俺と会うことを優先に
カラオケ仕事を休んでいることを知ったからだ。


しかも仕事を1日休むと1,500バーツの罰金らしく
俺からの収入はH1回2,000バーツ(しかも最近は0)
最低でも月2回の同伴ノルマも科せられており
未達の場合はこれにも罰金が掛かって来るらしい。

俺とクワーンは週に1回以上会っているから
罰金の総額はとんでも無い額になってたであろう。

俺と会っていない時は「毎日出勤しているよ」と
聞いていたが、お客さんが取れているかどうかは
知りたくなかったから、あえて質問を避けていた。

クワーンが他の客とイチャイチャしていることや
今アフターでHしているかもなんて考えてしまうと
とてつもないヤキモチを妬いてしまうからだ。

俺と一緒に居る時間はカラオケ仕事では
いわゆるゴールデンタイムのようなもので
その時間にクワーンのお客さんと思われる人から
電話が掛かってくることは一度もなかったので
お客さんは取れていないと思っていた。
※他の男と。。を考えたくなく現実逃避していた

罰金はキチンと収めているようだが。。
クワーンのお金に余裕はあったのだろうか?

同伴出勤だって今日が初めてだ。。

どれだけ、おめでたい野郎なんだ俺は。。


クワーンが席に戻って来た。
※クワーン。。以下、鹿(シカ)


鹿 「今日はありがとう♡」

俺 「あぁ、大したことできなくてゴメン。。」

鹿 「何言ってるのよ 
  「一緒にデートできただけでも嬉しいよ 

俺 「俺も嬉しいよ。。」

鹿 「えー?全然嬉しそうじゃない  555」
  「奥サンのこと考えてるんでしょ? 

俺 「いや、そんなんじゃないけどサ。。」

鹿 「じゃあ何よ~?

俺 「今までにもっと同伴とかしてあげれたら
   良かったなぁ。。って反省みたいなものだね」

鹿 「今のままで良いのよ。俺チャンは

俺 「ホント、ゴメンな」


チーママから「この話は内緒」とも言われなかったが
罰金制度を知ったことはクワーンに話さなかった。

俺にあえて伝える ’’しこみ?’’ とも思ったためだ。


気になることだらけでどうして良いかわからない。


今日も周りに自慢したいからと言ってたけど
本当は同伴ノルマの罰金対策なのか?

休んだ時の罰金はどうしているのか?
今までの総額は??
元カレから貰ったお金から捻出?
まさか新しい太客でもできたのか?
そもそもクワーンは月にいくら稼ぐんだ?

とにかく。。


クワーンは俺に会いたいだけのために
毎回毎回罰金を払っているのは間違いない。


このことを知った俺は前にも増してクワーンを想うようになった


なんとビックリ毎日更新 
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺