前回の続き。。

『サイアムホテル』裏通り。午前4時45分。

’’立〇んぼ’’ 検挙のため突然現れたパトカー。

周辺は逃げる人とクルマで一気に大混雑となった。

俺もクルマをUターンさせてこの場を離れようと
道路が空くタイミングを見計らっていた時
その場に居た全く知らない女のコから
突然「乗せてっ!」と助けを求められた。

一瞬戸惑ったが俺が助手席の窓を開けて
「OK!」って言おうと思った瞬間。。

女のコは俺の返事なんか待たずに勢いよく
自分で助手席のドアを開け勝手に乗り込んできた。

ガチャッ!

ほぼ同時くらいのタイミングで後部座席にもうひとり。

バタンッ!


女のコ「ここから離れて 


突然のことでビックリしたが俺も逃げようと
していたところだから何も考えずクルマを加速させ
ニューペッブリー通り側まで移動した(逃げた)


ブォオーーーーーーッン!


ここまで慌てた一瞬の出来事でよくわからなかったが
俺も少し冷静になり落ち着きを取り戻し始める。


いつもの夜勤明けの帰り道。。

でもクルマに知らない女のコが2人乗っている。。

何がどうなったらこんなことになるのか?

そのまま周りの様子に注意しながら
ニューペッブリー通りをゆっくり走る。

ブーーーー・・ン・・

辺りは真っ暗だが、たまに街頭の灯かりで浮び上がる
助手席の女のコがなかなか可愛いのがわかった。

更にバックミラーでチラっと後部座席のコを見ると。。

ゴクリ。。

なんと更に可愛い。。しかも俺のタイプだ。


(こんなコも立ち〇ぼやってるのかよ。。)


しばらく走り、振り返って窓の外を確認しても
パトカーのランプは見えなくなっていた。

とりあえず一件落着だ。


俺   「もう大丈夫みたいだよ」

助手席 「お兄サン、ありがとう。助かったよ

俺   「タイミングよかったね」

後部座席「お兄サン昨日も来てたよね  555 」
    「このクルマ覚えてるよ  555」

俺   「え?(笑)」
    「毎日の通勤ルートなんだよー(笑)」

助手席 「毎日S〇Xしてるんでしょうー? 555 」

俺   「そんなパワーないよー(笑)」

後部座席「アナタは日本人ね?」

俺   「そうだよ」

後部座席「サイアムカフェにもたまに見かけるわ  」
    「ぜんぜん声は掛けてこないけどね  555」

俺   (わかるっ、わかるよっ)

助手席 「でも日本人はみんなスケベよねぇ  555」

後部座席「そうそう  555」
    「この前なんか下着は取らないでって
     言われちゃったわよ  555」

助手席 「ヘンタイが多いよネ  555」

俺   「あ、それは俺も負けないよw(キリッ)」

助手席 「え?アナタもそうなの?  555」

後部座席「イク、イクゥ~ッ  555555」


緊迫した瞬間から一瞬で車内は明るくなった


なんとビックリ毎日更新 
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺