前回の続き。。

俺は解き放たれた。

しかし「K美」は一時帰国中でいなくとも
タイの女のコと遊んでばかりもいられない。

前にも少し触れたが、部屋のオーナーとモメて
引っ越しせざるを得ない状況になっているのだ。

が、少し前にスクンビットsoi15とsoi19の間にある
築年数はチトいってるが部屋の広さが100平米と言う
コンドミニアムと契約を済ませることができた。

しかも格安。

俺の在籍するような弱小会社だと家賃補助額も少ない。

しかし、バンコク各地にある日系の不動産は
最低でも家賃4万バーツくらいからでなければ
掲載をしていないと言うかそもそも取り扱っていない。

こういう場合どうするか?


自分の足で歩いて探すのが一番良い。


俺はK美と一緒にスクンビットの各ソイを歩き周り
「この辺面白そう」「便利そう」となった場所の
周辺にあるコンドミニアムに飛び込みで入る。

だいたい建屋の中にオフィスがあるので問い合わせ。

ただこの作業を繰り返しただけ。

部屋のオーナーは建屋管理人に部屋の鍵を預けてあり
直接頼まなくても直ぐに内見までさせて貰える。

そしてその部屋が気に入った場合は証拠金を渡す。

当日までに準備するお金は家賃2ヶ月分の保証金
(退去時、部屋に問題なければ全額返却)と
初月家賃のトータル3ヶ月分を渡せば即入居。
※証拠金はここから差し引かれる
※長期で契約すると家賃が下がる場合も
※最低1年契約の所が多い

ちなみにこれは自分で部屋を探すのが2回目だから
できたことかもしれない。

1回目は「ゴップ」との秘密基地『ナサベガス』

この時の引っ越し理由は我ながら相当ゲスいが
おかげで要領が分かっていたから助かったのだ。

この他にも現地タイの女のコと仲良くなり経験して
家族の為に役立ったこともある。

デパートの場所にしてもそう、観光地にしてもそう
生活することに対して有利に動くことも多い。

俺の独身生活7ヶ月も決して無駄ではなかったのだ。


ちなみに今後の引っ越しを含めると理由は色々あるが
俺はバンコク都内で計8回引越しをすることになる。


0回目・・・他の駐在メンバーと同じアパート
1回目・・・日本から家族が来るため広い部屋に
2回目・・・半強制退去 ←今ココ
3回目・・・コンドを取り壊すことになったと言われ
4回目・・・1年契約縛り後の気分転換で
5回目・・・突然家賃をアップをされ
6回目・・・渋滞を避けるため会社寄りへ
7回目・・・子供のスクールバス乗り場の関係で
8回目・・・1年契約縛り後の気分転換で


もはやバンコクのジプシー(笑)※欧州の移動型民族


他にも。。
小さな虫が出るとか、電気代が高いとか、臭いとか、
隣の部屋がうるさいとか、洪水が酷いとか、
引っ越し後でなければ分からないことも多いだろう。

事前に1~2日泊まって様子を伺うと言う方もいる。

1年契約なのに満期前に引っ越し。。となると
よほどの理由が無い限り契約時に払った
保証金(デポジット)は戻ってこないからだ。


バンコクには無限の物件がある。

俺は引越しマニアになってたと言っても過言ではない。


この簡単に引越しできるタイのシステムは今でも大好きだ


なんとビックリ毎日更新 
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

ブログ「タイ若!痛感物語」を最初から読む 
1話1分程度で読めますので是非とも m(_ _)m
FullSizeRender
【第1話】 俺