前回の続き。。

ラチャダーピセーク 『soi 4』午前2時過ぎ。

6人で〆のクィッティアオを食べ終わり
帰りのタクシーを捜すことになった。

そのまま歩きでラチャダーピセーク通りに出ると
俺達と同じくクラブで遊んだ後のお客さんが
帰宅のタクシー待ちで歩道に行列を作っていた。

しかもタクシー乗り場に並んでいるのではなく
個々が散らばって早い者勝ちで乗車するスタイル。

この場合は完全に川上が有利。

しばらく通りを眺めていたがタクシーの数は多くても
それ以上に客が多いので捕まえられそうにない。


俺  「2台同時となると30分は掛かりそうっスね」

I先輩「川上(右手側)に向かって歩くか?」

俺  「女のコに距離歩かすのも申し訳ないですよ」

M先輩「みんな酔っ払っちゃってますしね」
   「先に女のコ達に帰ってもらいましょう」

I先輩「そうするかぁ。2台同時は絶対無理やな」
   「ワイ達は渋滞が落ち着いてから帰ろうや」

俺  「スね。一服しながらボチボチ帰りましょ」


なんて話している時、川上に見えた1台のタクシーが
客の行き先を聞いて?2台連続乗車拒否をしたため
突然俺達に乗車できる権利が回ってきた。


運ちゃん「どこまで?」

ゴップ 「ラムカムヘン soi30 

運ちゃん「200バーツ」

ゴップ 「ダメ。メーター使いなさいよ 

運ちゃん「。。。オーケー。。乗りな」


強いっ。


でもこれくらいの勢いがないとバンコクでの生活は
損をすると言うか騙されることも多いと言うことに
少し後で気付くことになるのである。


そんなゴップ達のタクシーが先に捕まえられて
良かった。。なんて思ってた時だ。


ゴップ「さあ、俺チャン!乗って乗って

俺  「いや、ゴップ達が先に乗りなよ」

ゴップ「私達のことは気にしないで 


そう言いながら俺達3人をタクシーに押し込んだ。


「いや、方向が違う。。」と言い掛けたときだ。。


なんとビアガールの3人が
俺達各自の太ももの上に乗ってきた!



「しゅっぱつー 」と言ったかどうかは分からないが
運ちゃんも何の文句も驚きも躊躇も無く発車させる。


7人乗りのタクシー。


密着どころの騒ぎじゃないっ。

ちょっと重くて狭いけど、これは嬉しい悲鳴。

昨日まではキャンペーンガールと仲良くなりたいな
なんて思ってた程度の気持ちはどこへやら。

この状態は完全にそれを越えてきている(笑)


I先輩「いやー、この状況すげぇな(笑)」

M先輩「もう、ムラムラが抑えられません(笑)」

俺  「先輩方、顔がヤバいですよ(笑)」

I先輩「俺ちゃんもな(笑)」

ゴップ「もう何コソコソ話してるのよ 

俺  「最高の思い出ができたね。。って」

ゴップ「え?タクシーに乗ってるだけなのに?  555」


またまたまたまた「タイランド最高!」と
思えることが次から次へと起こる。


このタクシー車内での光景も一生忘れないであろう


なんとビックリ毎日更新
今日もポチっと応援よろしくお願いします 
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村