新・タイは若いうちに行け!痛感物語

タイランドを知ってからの約20年を振り返る実録物語 ~全ては繋がっている~

新・タイは若いうちに行け!痛感物語 イメージ画像

更新情報

前回の続き。。タイランド現地視察を終え帰路に就く。俺は初異国での密なスケジュール?に疲れていたのか離陸後に1杯ワインを飲んだだけで眠ってしまい行きと同じくアッと言う間の『関西国際空港』だった。常夏から12月末の日本はとても肌寒く感じる。M先輩「寒いですねぇ~
『【第22話】 報告(私的)』の画像

前回の続き。。工場視察と打ち合わせにて全スケジュールを終えた。’’住居決め’’ と ’’工場視察’’ がメインの工程だったがこれから住む異国の雰囲気を知っただけでもタイ初体験の俺達3人には大きな意味があった。ドンムアン空港での熱気とにおいバンコクの街並みや交
『【第21話】 帰り道』の画像

前回の続き。。駐在員として勤める予定の工場に到着。まずは新工場の統括となる方にご挨拶。親会社から駐在員として派遣された日本人である。社長「お疲れ様です!よく来てくれましたね!」社長は59歳との事だったがまだ若く見えた。俺達の地元会社の社長とは大違い。腐って
『【第20話】 職場(午後)』の画像

前回の続き。。タイランド駐在の事前視察2日目の計画は ’’職場見学’’朝、初日と同じように「Yさん」がクルマでラマ9世『ラディソン ホテル』まで迎えに来てくれた。Yさん「おはようございます」   「お、スーツ決まってますねぇ」M先輩「暑くてたまりません(汗)
『【第19話】 職場(午前)』の画像

前回の続き。。俺達のバンコクお風呂屋さん初体験。緊張はしたが、とにかく無事にミッションクリア!皆とロビーで合流し、多少緊張もほぐれる。I先輩「俺ちゃん、長かったなぁ(笑)」俺  「いえいえっ(笑)」   「絶対俺が一番だと思ってましたよ(苦笑)」M先輩「
『【第18話】 知らない幸せ』の画像

前回の続き。。MP『PLAZA』@バンコクエレベーターを降りるとホテルの様な所だった。普通のホテルと全く同じ景色。長い通路の左右に部屋のドアがたくさん見える。そのまま泡姫に手を引かれながら各自がそれぞれの部屋に別れる。I先輩「2時間後に下のロビーで、な!(汗)」M
『【第17話】 PLAZA』の画像

前回の続き。。バンコクに初めて来た夜に訪れたソー〇ランド。その初お風呂屋さんの店内で見た風景は圧巻だった。ドドォーーン薄暗い店内に明るく浮かび上がる大きなガラス窓。(す、すげぇ。。)そのガラス窓の向こうに赤いじゅうたんの雛壇がありドレスを着た20人ほどのタ
『【第16話】 金魚鉢』の画像

前回の続き。。どれだけテンションが上がったのか一瞬で身支度終了。ロビーに下り、ホテルのボーイさんを見つけた瞬間言いだしっぺの「I先輩」がダッシュ気味で動いた。I先輩「アイ ゴー ソー〇ランド!!マッサージ!!」   「タイレディ、ビューティフル レディ!!!
『【第15話】 行動開始』の画像

前回の続き。。バンコク『ラディソン ホテル』 午後10時過ぎ。「このままで良えんかっ!??」暗闇の中でこう叫んで俺達を起こした「I先輩」(びっくりした~ 。。 一体なんなんだ???)部屋の照明は消したままだが目も慣れてきてぼんやりと2人の姿形は確認できる。I先
『【第14話】 先輩からの提案』の画像

前回の続き。。バンコク ラマ9世通り『ラディソンホテル』出張の宿泊ホテルが3人ひと部屋って。。修学旅行かよ(笑)しかも部屋にベッド3台を無理やり詰め込んだのかベッドとベッドの距離は2~30センチ程度しか離れていないような狭い狭い客室だ。俺がシャワーから出ると先に
『【第13話】 暗闇の中で。。』の画像

前回の続き。。夕食を終え今日の計画が全て終了した。今回の宿泊先はラマ9世通り『ラディソン ホテル』※現:ゴールデン チューリップ ソブリン何もかもが初めてのタイランド上陸であったが「Yさん」の流暢なタイ語と完璧なアテンドでチェックインまで何の問題もなく1日が終
『【第12話】 バンコクの光と影』の画像

前回の続き。。タイ・バンコクでの住居視察3ヵ所が全て終わった。この後は食事に連れて行ってくれるとのことで引き続き「Yさん」の運転するクルマでスクンビット中心部まで移動をすることになった。初めて来たバンコク。。クルマで都内を移動中に思ったことや驚きは大都会と
『【第11話】 初タイ料理』の画像

前回の続き。。バンコクに向かうクルマに乗ってた約1時間弱。あいさつ代わりとも言える大都会バンコクの景色は十分過ぎる程、俺の胸や脳裏に突き刺さった。でも初タイランド上陸をあまり知らずに体験すると大体の方かこんな印象を受けるのではないだろうか?ステレオタイプと
『【第10話】 住居候補地』の画像

↑このページのトップヘ